樹脂設計コストダウン.com 042-400-6092 メールでのお問い合わせはコチラ

設計段階でのコストダウン・VA/VEを推進するあらゆる設計技術者の方へ 樹脂設計コストダウン.COMは設計技術者向け、樹脂設計コストダウン総合情報No.1サイトです。

金型のズレ防止のポイント

before

before

材料の流れが左右どちらか一方へ先に圧力がかかり金型をずらしてしまいます。それにより成形品の肉厚が不均一の状態で出来上がります。

↓

after

after

製品形状が決定した段階で材料の流れる圧力が偏りそうな場合、金型がズレないように寄り止めを設置することで肉厚を均等にすることが可能になります。

成形品が偏肉を起こす原因は材料が流れる際に発生する圧力です。金型に圧力がかかった場合でも、肉厚が均等になるような設計が必要になります。


  1. Ⅰ.構造設計

  2. Ⅱ.ヒケ対策

  3. Ⅲ.反り対策

  4. Ⅳ.変形・外観保護対策

  5. Ⅴ.ゲート・ウェルドライン対策

  6. 樹脂部品設計の良きパートナーとして