樹脂設計コストダウン.com 042-400-6092 メールでのお問い合わせはコチラ

設計段階でのコストダウン・VA/VEを推進するあらゆる設計技術者の方へ 樹脂設計コストダウン.COMは設計技術者向け、樹脂設計コストダウン総合情報No.1サイトです。

リブ形状のヒケ発生対策のポイント

before

before

リブの高さがあると抜き勾配を配慮しなければなりません。しかし、そうするとリブの根元幅が大きくなり、厚肉構造による外観にヒケが発生しやすくなります。

↓

after

after

リブの根元にヒケを発生させないためには、部品構造上に問題を起こさない寸法までリブの板厚を薄くするか、高さを低くするかの対策が有効です。

リブには抜き勾配をつけなければならないが、その影響により根元幅が大きくなりヒケの発生を招きます。そのため、リブの形状はその機能とヒケが発生しない寸法を考えて設計しなければなりません。


  1. Ⅰ.構造設計

  2. Ⅱ.ヒケ対策

  3. Ⅲ.反り対策

  4. Ⅳ.変形・外観保護対策

  5. Ⅴ.ゲート・ウェルドライン対策

  6. 樹脂部品設計の良きパートナーとして