樹脂設計コストダウン.com 042-400-6092 メールでのお問い合わせはコチラ

設計段階でのコストダウン・VA/VEを推進するあらゆる設計技術者の方へ 樹脂設計コストダウン.COMは設計技術者向け、樹脂設計コストダウン総合情報No.1サイトです。

断熱圧縮効果による焦げ防止のポイント

before

before

材料によって急激に押し込まれた結果、断熱圧縮効果によって高温になり成形品に焦げ(モールドショット)が発生してしまいます。

↓

after

after

成形品に焦げ(モールドショット)が発生しないようにエアーベントを強化します。この際に成形材料が漏れずにエアーだけが漏れる程度の隙間に設定します。

成形材料によってエアー(ガス)だけが漏れる隙間は多少異なりますが、エアーベントの適正設置により焦げを防止することができます。


  1. Ⅰ.構造設計

  2. Ⅱ.ヒケ対策

  3. Ⅲ.反り対策

  4. Ⅳ.変形・外観保護対策

  5. Ⅴ.ゲート・ウェルドライン対策

  6. 樹脂部品設計の良きパートナーとして