樹脂設計コストダウン.com 042-400-6092 メールでのお問い合わせはコチラ

設計段階でのコストダウン・VA/VEを推進するあらゆる設計技術者の方へ 樹脂設計コストダウン.COMは設計技術者向け、樹脂設計コストダウン総合情報No.1サイトです。

インサート部材追加による反り軽減のポイント

before

before

樹脂の肉厚が均等でない場合、収縮率の違いにより製品に反りが発生します。

↓

after

after

製品への肉厚の違いによる収縮の影響を受け難くするため、インサートシャフトを追加することで反りを軽減することが可能になります。

射出成形においては製品の肉厚の違いから樹脂の収縮の影響を受け、反りが発生します。インサートシャフトを追加することで、製品の外形を変更することなく反りを軽減することが可能になります。


  1. Ⅰ.構造設計

  2. Ⅱ.ヒケ対策

  3. Ⅲ.反り対策

  4. Ⅳ.変形・外観保護対策

  5. Ⅴ.ゲート・ウェルドライン対策

  6. 樹脂部品設計の良きパートナーとして